石巻 会計・税務・会社経営のことなら扇谷雄哉 公認会計事務所。
エッセイ
  • HOME »
  • エッセイ »
  • エッセイ

エッセイ

私のお芝居礼賛(61)

 万人に愛される稀有なスターという人はそう多くはありませんが、私は喜劇俳優藤山寛美さん(平成2年没60歳)、歌 …

私のお芝居礼賛(60)

作家の井上ひさしさんは「ヒロシマとナガサキとオキナワの3本を書かないうちは死ねません。」と常々口にしていたそう …

私のお芝居礼賛(59)

“ 俊寛 その三 ” 平家物語巻三中「有王島下り」の段には、赦免船に乗ることが叶わなかった俊寛のその後に関して …

私のお芝居礼賛(58)

“ 俊寛 その二 ” 江戸時代の享保4年(1719年)初演の近松門左衛門作の“平家女護島”というお芝居のなかの …

私のお芝居礼賛(57)

“ 俊寛 その一 ” 歌舞伎の演目には源平合戦を描いた“平家物語”から取られたものが多く、登場人物がほぼ実名で …

私のお芝居礼賛(56)

平成30年8月の歌舞伎座第一部は劇作家北条秀司の名作「花魁草(おいらんそう)」でした。この戯曲は七代目尾上梅幸 …

私のお芝居礼賛(55)

「砂の器」 その四(番外編) 「砂の器」その四(番外編)はタバコの話です。 昭和40年代から50年代にかけてテ …

私のお芝居礼賛(54)

「砂の器」 その三  今西刑事の捜査が東京のほかにも北は秋田県から山梨県・石川県・三重県・大阪府・島根県とかな …

私のお芝居礼賛(53)

「砂の器」 その二  映画版「砂の器」にはもう一つ原作にはないシーンがあります。それは心優しい三木謙一巡査が本 …

私のお芝居礼賛(52)

「砂の器」 その一 「ぱあと50」で監督や演出家による原作の脚色・書き換えは原作のイメージが損なわれることがあ …

1 2 3 8 »
PAGETOP