石巻 会計・税務・会社経営のことなら扇谷雄哉 公認会計事務所。
エッセイ
  • HOME »
  • エッセイ »
  • エッセイ

エッセイ

私のお芝居礼賛(105)

平成16年8月の歌舞伎座は(先代)中村勘九郎主演の“仇ゆめ”でした。このお芝居は北條秀司原作で歌舞伎には珍しい …

私のお芝居礼賛(104)

劇作家小山内薫が大正11年に発表した戯曲に“息子”というのがあり、翌大正12年には六代目尾上菊五郎丈によって早 …

私のお芝居礼賛(103)

江戸時代の天保年間、歌舞伎の市川宗家の七代目団十郎が“家の芸”として様々工夫を凝らした18の演目を歌舞伎十八番 …

私のお芝居礼賛(102)

“ぢいさんばあさん”という新作歌舞伎があります。森鴎外の短編小説に宇野信夫が脚色・演出を加え70分ほどの芝居に …

私のお芝居礼賛(101)

“鶴八鶴次郎”は劇作家川口松太郎が昭和9年に発表した短編小説で翌昭和10年“明治一代女”他と共に第一回直木賞を …

私のお芝居礼賛(100)

( “無法松の一生” その三 ) 岩下俊作の小説“無法松の一生(富島松五郎伝)”における富島松五郎と吉岡大尉夫 …

私のお芝居礼賛(99)

( “無法松の一生” その二 ) 戦争真っただ中の昭和18年に公開された映画“無法松の一生”は大当たりとなりま …

私のお芝居礼賛(98)

( “無法松の一生” その一 ) 新型コロナウィルスのせいで観劇ができない為、過去に見たお芝居の筋書本を丹念に …

私のお芝居礼賛(97)

( “紙屋町さくらホテル” その四 ) どの劇場のお芝居でも必ずと言っていいほど1,000円程度で筋書本がロビ …

私のお芝居礼賛(96)

( “紙屋町さくらホテル” その三 ) このお芝居の登場人物で実在の人物は俳優丸山定夫、園井恵子そして海軍特命 …

« 1 2 3 14 »
PAGETOP