石巻 会計・税務・会社経営のことなら扇谷雄哉 公認会計事務所。
エッセイ

私のお芝居礼賛

私のお芝居礼賛(14)

役者さんはおそらくは自在に涙を流せるもののようです。演技をする上で涙は大変重要な役割を演ずるのでそれの訓練をし …

私のお芝居礼賛(13)

昭和29年生まれの私にとって、食べ物に関しては驚きと感動の連続でこれまで来たような気がします。生まれて初めて飲 …

私のお芝居礼賛(12)

平成20年3月はシアタークリエ(旧芸術座)で森光子さん主演の放浪記を見ました。 大正9年(1920年)生まれの …

私のお芝居礼賛(11)

昭和30年代、テレビの一般家庭への普及に伴って急速にその姿を消した職業の一つに紙芝居屋さんがあります。毎日では …

私のお芝居礼賛(10)

平成19年8月21日当地石巻市民会館にて井上ひさし作“円生と志ん生”というお芝居が角野卓造さん辻萬長さん主演で …

私のお芝居礼賛(9)

平成19年7月の歌舞伎座は名演出家蜷川幸雄演出の“十二夜“でした。蜷川さんは歌舞伎の演出は手がけないと公言して …

私のお芝居礼賛(8)

平成19年6月は新橋演舞場で泉ピン子さん主演の“おんな太閤記”を、親子三人最前列中央で観劇することができました …

私のお芝居礼賛(4)

平成18年の私の観劇事始は1月8日の歌舞伎座で(4代目)平成の坂田藤十郎の襲名披露興業からでした。231年ぶり …

私のお芝居礼賛(3)

平成16年も随分とお芝居を見ることが出来ました。 8月の歌舞伎座は中村勘九郎主演の東海道四谷怪談でした。鶴屋南 …

私のお芝居礼賛(2)

歌舞伎を中心にお芝居を見るようになってから早20年近くになります。40数年余り前の幼児期に見た勧善懲悪の絵本の …

(会計事務所向けの雑誌「実務経営ニュース(平成16年)5月号」掲載したものです)
« 1 5 6 7 »
PAGETOP